インドネシア

株式会社ワイビーエム

日本の地盤改良技術で軟弱地盤を克服する

「中層混合処理方法」による地盤改良効果の普及・実証事業

現地の課題

広い国土に亘る軟弱地盤

日本では主要道路の殆どが舗装されていますが、国道でも舗装されていない国もあり、インドネシアもその一つです。インドネシア政府は国道網の大規模整備を進めていますが、広い国土に広域に広がる軟弱地盤が開発の障壁となっています。道路インフラに関する世界競争力指標の順位においてインドネシアはASEAN諸国の中でも下位にランクし、国家の競争力低下の一因になっています。

課題解決への提案

日本の地盤改良技術「中層混合処理工法」を普及する

インドネシアにも軟弱地盤の改良技術が普及しているものの、日本の改良技術のほど選択肢は多くありません。そこで、日本の軟弱地盤の改良工法、そしてワイビーエム社の地盤改良機の普及、土木エンジニアの育成を提供しました。

活動内容

日本が誇る地盤改良技術と地盤改良機をパッケージで輸出する。

日本の軟弱地盤の改良工法が、インドネシアの地盤に適用可能であることを証明する必要がありました。事業パートナーである現地国営建設企業のPT.HUTAMAKARIYAと連携し、スマトラ島縦断高速道の一角を実証地とし、ワイビーエム社の地盤改良機を用いた改良工事を実施しました。
日本と同様にインドネシアでも施工計画や施工方法は、インドネシア国の国土交通省から正式な工法として認定される必要があります。上記の実証結果を踏まえ、認定に必要な書類等を整備し、インドネシア国の正式な工法として認定されました。

SGDsへの貢献

9.産業と技術革新の基盤をつくろう
11.住み続けられるまちづくりを

当社のコンサルティング概要

調査資金の獲得支援から完了報告書までトータルサポート

提案書の作成支援
調査コーディネーション全般
市場調査全般
各種報告書の作成

資金調達スキーム:独立行政法人 国際協力機構(JICA)

JICA中小企業・SDGsビジネス支援事業-普及・実証・ビジネス化事業-(1.5億円枠)
インドネシア国「中層混合処理方法」による地盤改良効果の普及・実証事業

TOP
TOP