日本

株式会社キビテク

未来型自動配送ロボットを開発する

既存設備の操作を要する配送のロボット化拡大のための遠隔監視・操作および自律動作の先導調査研究

研究目的

配送ロボットの能力を強化し、自動配送領域の拡大に貢献する

現在の自動走行ロボットの代表格ともいえる飲食業向け配膳ロボットは、「注文の品を載せて配送すること」は可能だが、配送間で生じる「ドアを開けて移動」「エレベータのボタンをおして階を移動」することができません。しかし、人員不足や高齢化が進む中、将来的には自動走行ロボットには「集合住宅やオフィス等のエレベータやドアの先にある戸口まで配送」「整備が進む宅配ボックス内まで配送」といった、宅配物が盗難され難い安全が確保された場所に再配達なく届けられる能力が求めることが推測されます。これらの動作を実現するには、ロボット側で人間の腕を代替する機能が求められる。しかし、現在の双腕搭載ロボットでは多種多様な形状のドアノブを認識し、押し引き・スライドなど多様な開閉方法を判断することは 、極めて難易度の高い動作となっています。

課題解決に向けた取り組み

遠隔制御システム「HATS」

本研究は、株式会社キビテクが開発した遠隔制御システム「HATS」を活用し、双腕搭載ロボットの腕の動作を円滑かつ安全にアシストできることを検証するものです。
これまでの自動配送では届けにくかった集合住宅や商業施設、多層階の飲食店でも配送ロボットの導入を可能にし、自動配送領域を拡大に寄与する未来型の研究開発です。

資金調達スキーム:国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

ロボットによる社会変革推進に向けたロボット・AI部事業の周辺技術・関連課題に係る先導調査研究
プロジェクト名称:既存設備の操作を要する配送のロボット化拡大のための遠隔監視・操作および自律動作の先導調査研究
企業名:株式会社キビテク

TOP
TOP